2010年07月22日

centos5.4(x86_64)にphp5.3、mysql、phpmyadminをインストール

apachをインストール
# yum install httpd

apchの起動
/etc/init.d/httpd start

ついでに、OS起動時に自動起動する設定も行います。
# chkconfig httpd on
# chkconfig --list | grep httpd
httpd 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off

phpをインストール
# yum install php php-mbstring php-mysql php-gd

phpを5.3にアップデート
# rpm -Uvh http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/ epel-release-5-3.noarch.rpm
(# rpm -Uvh http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/x86_64/epel-release-5-3.noarch.rpm) ←64bitの場合
# rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-5.rpm ←RemiはEPELリポジトリと依存関係にあるようなので追加。
# sed -i "s/^enabled=1$/enabled=0/" /etc/yum.repos.d/epel.repo ←デフォルトだepelリポジトリが有効になっているので無効にする。
# yum --enablerepo=remi,epel update php mysql ←ついでにMySQLもアップグレード

その他
yum --enablerepo=remi install libedit
yum --enablerepo=remi install mysql-server
yum --enablerepo=remi install php-mcrypt
yum --enablerepo=remi install phpMyAdmin
タグ:CentOS PHP MySQL
posted by koo at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | EC2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。