2010年07月27日

mailコマンドを使ってメールを送信する

参考サイト:http://www.uetyi.mydns.jp/wordpress/command/entry-166.html

メールを書く
「mail」コマンドを使ってメールを送る場合、「mail 宛先アドレス」のようにあて先のメールアドレスと共に実行するか、コマンド実行後、「&」のあとに「m 宛先」と入力すれば、メール作成開始です。

user01@debian:~$ mail user@hoge.co.jp
Cc:
Subject: Test
Send to Testmail from user01
.
&
上から順番に、「Cc:」の後には、ccで送る宛先を入力します。ccしない場合は、何も入力しないで[Enter]を押します。「Subject:」には、件名を入力します。入力後、[Enter]を押します。最後に、メール内容を入力します。終了するには、改行後、「.」を入力し[Enter]を押します。以上で送信完了です。

サブコマンドまとめ
「mail」コマンド実行後、&のあとに入力するコマンドの一覧です。

コマンド 動作内容
メール番号(数値) 指定した番号のメールを表示します。
n 次のメールを表示する。
- 前のメールを表示する。
p 現在選択中のメールを表示します。
h メールの一覧を表示します。先頭に「>」が表示されているメールが現在選択中のメールです。
m 宛先 宛先にメールを送信します。
r 現在選択中のメールに返信します。
d (メール番号) 現在選択中のメールを削除します。メール番号を指定した場合、その番号のメールが削除されます。
u メールの削除を取り消します。削除したメールを選択後、実行します。(一覧には、見えなくてもメール番号を指定すれば削除されたメールを選択できます。)
q 変更を保存し、mailコマンドを終了します。
x 変更を保存しないでmailコマンドを終了します。(メールの削除も保存されません。)
posted by koo at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | EC2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

EC2からメール送信でスパム扱いされないための対策

参考サイト:http://d.hatena.ne.jp/rx7/20100319/p1

配送メールがSPAM扱いされないために最低限やること
DNS逆引き設定
SPFの設定
SPAMメールのブラックリストに対する解除申請

EC2でのDNS逆引き設定
DNS逆引き設定の申請は以下から
https://aws-portal.amazon.com/gp/aws/html-forms-controller/contactus/ec2-email-limit-rdns-request

1.Use Case Description*に理由を記入
2.Elastic IP Address 1を記入
3.Reverse DNS Record for EIP 1 を記入

dnslookupで確認する

SPFの設定

特定のSMTPサーバー(固定IP)のみ
SMTPサーバーIPを1.2.3.4として、
v=spf1 ip4:1.2.3.4 ~all
特定のSMTPサーバー(動的IP)のみ
SMTPサーバーをhogehoge.comとして、
v=spf1 a:hogehoge.com ~all
ダイナミックDNSと併用すると便利。
特に指定しない
SPFレコードの設定だけはしておきたいなら。
v=spf1 ?all
メールは一切送らない
ワイルドカードレコードに設定するときは十分に気を付けてください。
v=spf1 -all
一元管理
ワイルドカードレコードの扱いに気を付けてください。
@ => v=spf1 (必要なSPF設定)
* => v=spf1 redirect:hogehoge.com
存在するホスト全て => v=spf1 redirect:hogehoge.com


Gmailからの送信を許可する場合

v=spf1 (通常の許可サーバなど) include:gmail.com ~all

確認方法
nslookup -q=txt [ドメイン名]

参考サイト:http://testwiki.xn--xnq.jp/index.php?SPF%A5%EC%A5%B3%A1%BC%A5%C9%2F%C0%DF%C4%EA%CE%E3
タグ:ec2 メール
posted by koo at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | EC2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

centos5.4(x86_64)にphp5.3、mysql、phpmyadminをインストール

apachをインストール
# yum install httpd

apchの起動
/etc/init.d/httpd start

ついでに、OS起動時に自動起動する設定も行います。
# chkconfig httpd on
# chkconfig --list | grep httpd
httpd 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off

phpをインストール
# yum install php php-mbstring php-mysql php-gd

phpを5.3にアップデート
# rpm -Uvh http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/ epel-release-5-3.noarch.rpm
(# rpm -Uvh http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/x86_64/epel-release-5-3.noarch.rpm) ←64bitの場合
# rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-5.rpm ←RemiはEPELリポジトリと依存関係にあるようなので追加。
# sed -i "s/^enabled=1$/enabled=0/" /etc/yum.repos.d/epel.repo ←デフォルトだepelリポジトリが有効になっているので無効にする。
# yum --enablerepo=remi,epel update php mysql ←ついでにMySQLもアップグレード

その他
yum --enablerepo=remi install libedit
yum --enablerepo=remi install mysql-server
yum --enablerepo=remi install php-mcrypt
yum --enablerepo=remi install phpMyAdmin
タグ:CentOS PHP MySQL
posted by koo at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | EC2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。